岡山県 歯科・歯医者|岡山市の中山下歯科。インプラント・矯正診断・口臭チェック・審美歯科(ホワイトニング)・歯石除去。

中山下歯科 nakasange dental
TEL:(086)233-8255
FAX:(086)225-5546
info@nakasange-dental.net
メールでのご予約も承ります。
お気に入りに追加
MENU
診療時間
平日AM9:00〜PM1:00 PM3:00〜PM6:30
木曜日・土曜日 AM9:00〜PM1:00
休診日 日曜日・祝祭日
アクセスマップ
〒700-0822 
岡山県岡山市北区表町1-2-34

〒700-0822
岡山県岡山市北区表町
1-2-34

>>詳しくはこちら

QRコード
ケータイをお持ちの方は、コチラのQRコードから医院情報を配信しております。
 
トップページ  > スタッフコラム

スタッフコラム

放射能被害のメカニズムについて

放射能被害のメカニズムに関するわかりやすい情報見つけました。
記事:放射線は「甘く見過ぎず」「怖がりすぎず」
慶應義塾大学医学部特別研究助教・・・八代嘉美
http://synodos.livedoor.biz/archives/1710889.html

上記から「放射線が人体に悪影響を与える理由」として、

DNA

『ひとたび細胞が放射線にさらされると、細胞内ではふたつの現象が起こる。
ひとつは健康商品の宣伝でおなじみの「活性酸素」の量が通常よりも増えてしまうことだ。アンチエイジングの敵としても知られるように、過剰の活性酸素は細胞のさまざまな部分を傷つけてしまうことがあり、細胞膜などが大きく傷つけられれば細胞は死んでしまう。

しかし、細胞自体が死んでしまえば、その傷が癒えたあとには大きな影響は残らない。人体にとって深刻なのはもうひとつの現象で、遺伝子やゲノムが大きく損傷を受けてしまう事態が起こることである。

遺伝子にはDNA(デオキシリボ核酸)という4種類の分子(アデニン、グアニン、チミン、シトシン)で構成された2本の鎖があり、向き合った分子はかならず「AとT」「CとG」がペアになって二重らせん構造をとっている 放射線はこの結びつきを切り離してしまう力をもっていて、遺伝子の配列を壊してしまうことがある。
細胞をつくる部品図が欠損してしまえば、細胞が分裂するときに必要な、正しい部品をつくることはできない。結果的に不完全な部品がつくりだされ、おかしな細胞が出来上がることになる。これがどんどん増えていった結果が、いわゆる「がん」である。』

タヒチアンノニジュースに関する論文で、ヘビースモーカーで毎日たばこを吸っている方が、上記と同じような形で遺伝子の配列が壊れ、遺伝子に損傷が出てしまいますが、タヒチアンノニジュースを毎日30ml飲むだけで、遺伝子の損傷を予防できたり、正常にするという結果が出ています。
これは、イリドイドをはじめ、タヒチアンノニジュースの様々な成分の力だと思われます。とにかく、
タヒチアンノニジュースは凄いです!

  ページのトップへ戻る
トップページ病院紹介スタッフ紹介インプラントかぶせ物矯正診断口臭チェック審美(ホワイトニング)
Copyright(C)2007 NAKASANGE DENTAL CLINIC All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写・転載等を禁じます。】